GHG算定クラウド


製品・サービスの

温室効果ガス排出を算定


ウェブサービス/アプリ用

CO2排出量算定・見える化 API

business1
business2
business3
business4

GHG算定クラウドは、製品・サービスから排出される
温室効果ガスを手軽に算定しウェブ上に表示するサービスです。

GHG算定クラウドは、ウェブ上で販売する商品・サービスの販売と利用に伴い排出される温室効果ガス(GHG)を簡単に算定し、表示することができるクラウドサービスです。

eコマース、自動車保険、旅行や航空券などを販売するウェブサイトに数行のコードを書くだけで、商品・サービスの提供に伴うGHGを算定し、ウェブ上に算定結果を表示することができます。販売する商品の環境への影響を見える化することで、より排出量の少ない商品の選択を促すことができます。

脱炭素は、GHG排出量の見える化から始まります。

GHG算定クラウドの特徴

専門知識不要

GHG算定と削減に関する高度な専門知識を必要とせず、簡単に脱炭素を実現できます。

正確な算定

GHG排出量は、国際的な算定基準と国が策定したガイドラインに基づき正確に算定します。

リアルタイム

GHG排出量の算定・表示とクレジットの購入による削減をリアルタイムで実行します。

カスタム可能

貴社の実情に合わせて、GHG算定の専門化に相談し算定方法をカスタマイズすることが可能です。

GHG算定クラウドで出来ること

商品・サービスの提供に伴い排出されるGHG排出量を算定するのは、高度な専門知識が必要です。GHG算定クラウドを使うことで、自社が販売する商品・サービスのサプライチェーンから排出されるGHGを簡単に素早く算定し、ウェブサイト・アプリ上に表示することができます。

  • GHG算定の専門家がいなくても、簡単に商品やサービス提供に伴うGHG排出量を算定し、表示することができます。
  • 少量の商品やサービスでも利用でき、商品・サービスの購入毎にリアルタイムでGHG排出量を算定し表示することが可能です。
  • 信頼性向上のため、商品・サービスが排出するGHGの算定に対しては第三者による保証を付与します(予定)。
  • 自社の商品やサービスを他社の製品やサービスとESGやサステナビリティの観点から差別化することができます。

よくある質問

どのような商品やサービスで利用できますか?

ウェブサイト上で販売・提供する商品・サービスに対して利用できます。

販売量が少ない商品やサービスで利用できますか?

はい、販売量が少ない商品・サービスでも利用できます。相殺するGHG量については特に制限はありません

どのような方法でGHG排出量を算定するのですか?

サプライチェーンGHG排出量を算定する国際的な基準であるGHGプロトコルの「企業のバリューチェーン(スコープ 3)の算定・報告基準」や環境省の「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン」に基づき、正確に排出量を算定します。

利用料金はいくらですか?

利用料金につきましては、APIへのリクエスト数に応じた料金設定になっております。
料金の詳細をお知りになりたい場合は、「お問い合わせ」ページのフォームからお問い合わせください。

サービスについての詳細説明およびデモのご要望については、弊社までお問い合わせください。