建築物単位のCO2排出量自動算定サービス

  • 各社で異なる見積書式にも対応した読み取り
  • 自然言語処理による、見積項目とCO2排出原単位の自動割当
  • CO2排出原単位データベースを複数選択可能
    *今後も国内外のデータベースに適応予定

Susport 建設は、建設現場における建物単位の
温室効果ガス排出量を自動算定できるサービスです。

建設工事に伴うCO2排出量削減は、世界全体で取り組むべき課題です。​
建設業界では、建物の使用に関わるエネルギーをゼロにすることを目指すZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)が普及しつつあり、カーボンニュートラルに向けた削減対策が進められています。​

今後はさらに、建築工事・改修・解体段階のCO2排出量の可視化、削減に取り組むことが求められます。
​Susport 建設はそれらのニーズに対応し、より手軽に算定、削減活動を行うことができるサービスです。​

建物におけるCO2排出量とは?

建設におけるCO2排出量は大きく2種類に分類されます。​

  • エンボディドカーボン:資材製造、施工、修繕、解体・廃棄など建築から解体までに排出される温室効果ガスの総称
  • ​オペレーショナルカーボン:冷暖房・照明など、日常的に利用するエネルギー消費による温室効果ガスの総称

Susport 建設は、エンボディドカーボンの排出量可視化に貢献します。

排出量算定の流れ

これまで膨大な時間を要した
建築物のCO2排出量算定作業を自動化し、手軽に可視化を実現。

Susport 建設で出来ること

各社で異なる見積書式にも対応した読み取り機能

  • 自然言語処理を活用し、見積書の項目を自動インポート
  • 形式:Excel、CSV
    • 手動作成したExcel
    • 積算ツールからエクスポートしたExcel
    • 実行予算書等のCSV

自然言語処理による
見積項目とCO2排出原単位の自動割当機能

  • 見積書の項目の中から、建設資材、工賃などを判定
  • 資材には使用するデータベースのCO2排出原単位を自動割当
  • 機械学習により、算定数が増えるほど割当精度が向上

CO2排出原単位データベースの選択機能

  • ワンクリックでCO2排出原単位データベースを複数選択可能
    *今後も国内外のデータベースに適応予定

導入の効果

よくある質問

どのような建物に対応していますか?

オフィスビル、マンションなどのSRC造、RC造、S造、木造など多岐にわたって対応可能です。​

算定に必要なデータは何ですか?

利用する建設資材や機器の情報が記載された、見積書や実行予算書などのファイルがあれば算定可能です。​

算定にあたりコンサルティングをお願いすることは可能ですか?

可能です。算定の範囲、運用面などの設計からサポートさせていただきます。

利用料金はいくらですか?

算定する建設現場数に応じた料金設計となております。
料金の詳細は、「お問い合わせ」ページのフォームよりお問い合わせください。​

トライアルは実施できますか?

可能です。詳細はお打ち合わせにてご説明致します。

サービスの詳細説明およびデモのご要望は、以下よりお問い合わせください。